136%…。まぜまぜタッチフットでうまくなる。

練習レポート

更新日:

2月15日(土)の練習は大森グラウンド!

 

幼児、小学生が練習です。登校日もあって少ない参加人数となりましたが、元気に活動しました。少ない、と言っても40人以上。2年前なら普通以上です。

 

東京都では、2019年の秋から冬の間に、ラグビースクール人口が34%も、増えました。

 

しながわバンブーでは75人(8月)から、102人(12月)で 36%増。2月中旬時点で125人まで増えています。ほんとにうれしい、ありがたい。

 

コーチを含めファミリーの皆さんが、毎週積み重ねて広げた楽しい時間と、クラブの外への発信があっての「2019」だったと思います。

 

15日は久しぶりに、学年まぜまぜ、大人も加わってのタッチフットをしました。足の速さが違う人同士なので、歩きでやりました。1年生に大人が翻弄されたり、上級生が必死に早歩きで追いかけたり。歩きだから手を抜く…のではなく、スピード以外の面で本気を出して戦います。

 

ちっちゃい子にはひたすら楽しく、大きい子にとっては、予測やコミュニケーションが試されるゲームになります。スピード以外の要素をフル回転させないと、うまくいかないからです。

 

兄チームと一緒のラグビーは、チビちゃんにとって楽しい。そして、兄たちにとっても、ふだんと違う回路を活性させるチャンスに、なりますね。

 

仲間が増えたからこそ、バンブーらしさ、もっと膨らませていきましょー。(な)